FRP工法 of 有限会社 流管工業




FRP光硬化内面補修工法は、下水道管路に生じた段差、管すれ、ジョイントずれ、クラック等を部分補修する工法です。
この工法は、光硬化性樹脂を用いた補修材(ソフトスリーブ)を専用補修機に装着してからマンホールより補修箇所に移送し、管壁面に加圧密着させます。そして、補修機に内蔵した紫外線ランプを照射すると、補修材が短時間で硬化するというものです。補修材料は工場で均一に生産されており、現場での準備作業が簡便なため、極めて効率的、短時間で補修作業が行えます。




オメガライナー工法


FRP光硬化内面補修工法作業状況

補修前状況1・補修前状況確認。補修位置確認。
内面補修材巻き付け2・本管補修機に補修材巻き付け。
内面補修材引き込み3・内面補修材引き込み
補修中4・管壁面に加圧密着させ、紫外線ランプを照射し補修材を硬化。
補修後5・補修機の撤去。補修後確認。


FRP光硬化取付管ライニング工法作業状況

・FRP光硬化取付管ライニング工補修前1・FRP光硬化取付管ライニング工補修前。取付管内部
・FRP光硬化取付管ライニング工補修前2・FRP光硬化取付管ライニング工補修前。取付管内部
FRP光硬化取付管ライニング工補修前3・FRP光硬化取付管ライニング工補修前。本管取付管口
補修材を挿入4・取付管へ補修材挿入
補修材挿入5・取付管へ補修材を挿入
UVランプ点灯、照射6・UVランプ点灯、照射
補修材硬化後端部切断前7・補修材硬化後端部切断前
補修材端部切断状況8・補修材端部切断状況
端部切断後9・端部切断後。本管、取付管口一体型補修前
本管内面補修中10・本管内面補修中
FRP本管内面補修後11・FRP本管内面補修後
施工後取付管内状況12・FRP光硬化取付管ライニング工法施工後
施工後取付管内状況13・FRP光硬化取付管ライニング工法施工後
取付管管口仕上げ14・取付管管口仕上げ